自分の顔立ちや顔型に合ったメガネを選ぶ

「メガネをファッションに取り入れたいけど、自分には似合わない」と思い、普段はあまりメガネをかけない人もいるでしょう。しかし、それは自分に合ったメガネを見つけていないだけです。

メガネを選ぶ際は、自分の顔立ちとメガネフレームとのバランスを考える必要があります。例えば、薄い顔の人は存在感のあるフレーム、濃い顔の人は控えめで主張しないフレームが似合います。

また、顔型に合わせることも重要です。例えば、丸顔の人は天地幅の狭いスクエア系、四角顔の人は天地幅の広いオーバル系やボストン系、逆三角顔の人は小さめのラウンド系やオーバル系、面長な人は天地幅の広いウェリントン系がおすすめです。

ただし、ここで紹介した特徴はあくまで参考として、実際にはメガネをかけてみて、自分に合っているかよく確かめてください。

ファッションコーデにメガネを取り入れよう

シンプルなコーデに合わせるメガネは、ボストン系がおすすめです。やや逆三角形のラウンドタイプで、柔らかい印象を与え優しい顔に見せてくれます。ファッション性が高いので、シンプルなファッションに取り入れると、おしゃれのアクセントになります。 クラシックタイプの代表格でメガネブームの火付け役とも言えるウェリントン系も、シンプルコーデにおすすめです。天地幅が広く丸みを帯びた逆台形で、ファッション性の高いメガネです。きれいめコーデの「はずしアイテム」としてかけると、おしゃれ度がアップします。 「丸メガネ」と呼ばれる人気のラウンド系は、個性的な印象でこなれ感を演出でき、カジュアルコーデと合わせる人が多いでしょう。しかし、スーツスタイルや上品コーデにも合い、堅苦しい印象を和らげてくれます。

顔の形と相性のよい眼鏡のフレームを選ぶことで、ミスマッチ感を減らし、オシャレに見せることができます。