かけていて重くないものを選ぶ

コンタクトレンズを使用した後にメガネをかけると、重く感じるという人が多いです。コンタクトのときは、顔に何もつけないことから当たり前の話かもしれません。コンタクト後に、まずおすすめするのが軽いメガネです。メガネが重く感じる原因は、主にフレームにあります。メガネのフレームは大きく3つあり、1つ目はプラスチック素材です。価格が安くカラーバリエーションが多いのが特徴です。2つ目はメタル素材。プラスチックに比べて丈夫なのが特徴となっています。 3つ目はべっ甲や木で出来た自然素材で、価格が高いのが特徴です。この中で、軽いといわれているのがメタル素材です。メタル素材の中でも純チタンやカーボチタン、アルミ素材のメガネが軽いといわれています。

かけていて違和感ないメガネを選ぶ

コンタクトに比べて、メガネは顔にかけるものなので違和感が気になる人も多くいます。メガネの締め付けや、フレームが視界に入ったりレンズと裸眼の境目が気になったりする人が多いです。コンタクト後にかけるメガネは、違和感のないものを選ぶとよいでしょう。例えば、フレームを選ぶときは、自分の顔や骨格にあったものを選びます。顔や骨格は人それぞれですので、実際にかけてみましょう。自分だけではわからない場合は、専門家である店頭スタッフに相談します。

また、視界に入るフレームが気になる人はフチなしを、レンズと裸眼の境目が気になる人はレンズが大きいメガネを選ぶと気にならなくなります。メガネの種類は数多くありますが、デザインだけで選ばずに実際にかけて選ぶことが大切です。