メガネを長時間かけていても疲れないか?

仕事用のメガネを選ぶ際は、長時間かけていても目が疲れにくいものを選ぶことが大切です。基本的に、仕事をしている間はずっとメガネをかけることになるので、ピントが合っていないと目が疲れて、作業効率も下がってしまうこともあります。そのため、仕事中にかけるメガネは、「ピントをどこに合わせるか」がポイントとなります。

例えば、デスクワークの多い仕事の場合は、ピントが比較的近い位置に合うデスク用のメガネを作っておくと良いです。パソコン作業の多い人は、ブルーライトカット機能のあるメガネだと、目の疲れを軽減することができます。

また、フレームやレンズの素材が重たいと、メガネがずり落ちやすくなり、ストレスを感じることもあるでしょう。それに、レンズの中央から黒目の位置がずれていると、見た目にも不自然になります。そのため、長時間かけることを考えて、メガネをベストな位置に保てるフレームやレンズを選びましょう。

職場の雰囲気に合ったデザインか?

仕事用メガネは、職場の雰囲気に合ったデザインのものを選ぶことも大切です。

例えば、カジュアルな服装の職場では、カジュアルな雰囲気のメガネをかけても自然でしょう。しかし、スーツ姿にカジュアルなメガネを合わせては、違和感を与えてしまいます。また、私服OKの職場でも、私服なら何でも良いわけではありませんよね?それと同じように、メガネも職場の雰囲気に合わないものは避けましょう。それに、私服の場合、その日のコーデに合ったメガネを選ぶことも大切です。「何本もメガネを持っていない」という場合は、どんな服装にも合わせやすい「ウェリントン系」のメガネがおすすめです。

スーツ姿には、全体的に控えめでシンプルなデザインのメガネがおすすめです。カジュアルな印象のものや個性的なデザインのものを合わせると、メガネだけ浮いて見え、全体のバランスがおかしくなってしまいます。