運転用のメガネにはどんな効果があるのか

「日常生活ではメガネを使わないけど、車を運転するときはかけている」という人も多いでしょう。しかし、たまにかける程度だと、メガネに慣れなくて目が疲れてしまう、という人もいるのでは?そんな人は、運転用に作られたメガネがおすすめです。 運転用メガネとは、運転中の目の疲れを軽減する効果のあるメガネです。遮光レンズを備えており、夕方の西日や対向車のライトの光を抑えることができます。特に、夜間に長時間ドライブする場合、目の疲れを抑える効果があるので、快適で安全に運転することができます。 また、有名メガネメーカーからも、運転専用のメガネが発売されており、機能性だけでなくデザイン性にも優れているものもあるので、ファッションアイテムの1つとして選ぶこともできます。

運転用のメガネを選ぶ際のポイント

運転用メガネを選ぶときは、どんな点に注意して選べば良いのでしょうか。 まず、チェックしてほしいのは、「遮光レンズを備えているか」ということです。そして、実際に手に取りかけてみて、5m以上離れた看板などに書かれた文字がはっきりと読めるか確認してください。 また、メガネをかけたときの矯正視力は、昼間の運転では両目で0.8~0.9程度、周囲が暗くなる夜間では1.0にすると見やすくなり、長時間の運転でも疲れにくくなります。 遠近両用メガネをかけて運転しても良いのですが、横側が歪んで見えてしまう人もいるようです。その場合、顔を大きく左右に動かしたり顎を引いたりすることで、見え方が安定することもありますが、運転中はストレスを感じることもあるでしょう。そのため、お店でメガネを選ぶ際には、「遠近両用で運転にも最適なものを探している」と伝えましょう。